どこへ外壁の塗り替えを出したらいいのか?大変難しい問題ですね。

なぜでしょう。まず、そのかかる費用。一般的な、30坪の戸建て住宅で、考えてみましょう。

外壁塗装のみでも、約100万円弱になるのではないでしょうか。そう考えると、気軽に、業者も決めて、やってもらって、もしだめでもたかが知れてる、とはいきません。大事な我が家の将来もかかっています。

できるだけ安全・確実に、そして出来れば適正仕様の範囲でできる限り安く、に越したことはありません。

それは、無理な相談でしょうか。なんの何の、やり方次第で十分可能なんです。

それには、まず最低限の知識は持てるよう下調べしましょう。次に、現状の我が家の状態をご自分で調べるのと並行して、相談に乗ってくれる人を探してください。身内でもよし、いなければインターネットで探すもよし。

大事なのは、第三者の目で見てくれる人です。そこで、目安になるのが、業者の形態。世のなかいろいろあります。

工務店からリフォーム会社、街中の塗装店等々。その中で「塗装専門店」とうたっている業者をまずあたってみて下さい。

専門店と銘打つからには、塗装のエキスパート集団と普通考えます。恐らく施工も自社の職人を使ってやってくれることでしょう。

そんな「塗装専門店」に相談役となる“アドバイザー”(名称は違うかもしれませんが)と呼ばれる人がいれば、相談してみるのがお勧めです。

この塗装専門店の中で、どこがいいかという判断の手助けとなることをお教えしましょう。

“地域に根ざした業者”であること、“地元での施工実績”があり、“塗装後のお客様との良好な関係が続いている”こと。

要は、地元で信頼されている「塗装専門店」が判断基準です。そして、その業者にアドバイザーがいればベストです。

きっと間違いない、将来にわたってお付き合いできる関係を築けるのではないでしょうか。結局トータルコストがお得ということになります。